浜松市防潮堤舞阪工区

2017/09/14 活動記録 by admin

X3_2

浜松市沿岸域防潮堤の舞阪工区を視察しました。

基礎(コア)は同じCSGですが、他工区がCSGを土で覆っているのに対し、コンクリート被覆になっています。

浜名バイパス近くの砂浜に築堤するための工夫と聞いていますが、装いが変わりますね。

X2ところどころに階段を設置し海岸利用者にも配慮していますが、手すりがほしい気がしました。

下部はコンクリートを砂で覆ってありますが流れてしまわないかな・・・。

報道のとおり、舞阪町内の旧表浜東 駐車場付近で大量の廃棄物が出てきたことから、県と市は対策を検討中です。

舞阪工区はH31.3完成予定でしたが、多少の遅れは否めません。

全体の完成予定は当初のH32.3に間に合わせるということで影響はなさそうです。コスト・スピード・強度維持の最適工法の早期検討を期待します。

今月上旬には連合浜松のみなさんと防潮堤を視察しました。植樹に関心をお持ちのようでしたが、住民協働で防潮堤を整備していきたいですね。

X4

X5

X7

X6


タグ: