会派マニフェスト検証

2018/01/05 活動記録 by admin

2018rainbow

今から3年前、ふじのくに県民クラブ(当時は「ふじのくに県議団」)はマニフェスト(いわゆる選挙公約)「覚悟」を作り、2015年の統一地方選を戦いました。

★覚悟(会派HP)

その後、このマニフェスト「覚悟」は2015年のマニフェスト大賞にも選ばれ、ありがたいことに客観的にも高く評価されました。

★マニフェスト大賞(2015.11.6ブログ記事)

私たちはよくPDCAという言葉を使い、行政の取組を評価していますが、私たち自身もマニフェストの検証を行い「できたのか、できなかったのか」、「どう改善するのか」などを評価していく必要があります。

・・・・・・・・・・・・・・・

6つの条例制定については、残念ながら「○1、△2、✕3」というところです。

「いじめ防止条例」は制定しましたが、「お茶振興条例」、「グローバル人材育成条例」は、会派内プロジェクトチームで検討中に、知事提案で同種の条例が提出され、結局そちらに甘えるカタチに・・・。

「地域文化振興条例」は会派内で検討していますが、あと1年で成案までいけるかどうか…。

「議会基本条例」は他会派との調整がつかず棚上げ。「財政健全化条例」は事務局(私)が素案を作ったものの会派内の議論が深まらず、難しい状況です。

・・・・・・・・・・・・・・・

政策体系シートは現在検証中ですが、多くの人に見てもらって、いろんなご指摘をいただいたほうが良いと思い、一部をアップします。ご意見をお聞かせください。

★政策体系シート抜粋(PDF)

【写真は佐鳴湖で行われた出初式の風景。本文とは全く関係ありませんがなかなかステキでしょ(^^)】


タグ: