教育情報化推進ワークショップ

2019/08/31 活動記録 by admin

昨日、県と県内市町教育委員会による表題のイベントに参加しました。

6月定例会の文教警察委員会で取り上げましたが、静岡県のICT環境整備は不十分です。最新データが、ちょうど文部科学省から公表されました。

★学校における教育の情報化の実態等に関する調査ー平成30年度結果概要

静岡県のPC・タブレットの児童生徒一人当たり台数は5.5台。国目標の3人に1台はもとより1人1台程度にまで増やさないと、県の次世代ICT人財確保なんて夢のまた夢、企業も国際競争に勝てなくなってしまいます。

そんな中、袋井市が小学校5年生を対象に実施した経済産業省のモデル事業の事例報告がありました。

こどもにはいろんな効果があるようです。先生は少々大変かもしれませんが、この事例では「凸版印刷」の協力をいただいて進めていました。一度、視察に行こうと思っています。

ICT教育は外部人材の活用や企業の協力が不可欠です。速やかな財政措置と指導力強化が課題です。


タグ: